人の基本動作をスムーズに|国家資格を取得しなくてもできる整体師|需要のある職業
ドクター

国家資格を取得しなくてもできる整体師|需要のある職業

人の基本動作をスムーズに

男女

国家資格が必要な療法士

理学療法士と言われる人の仕事は、病気やケガなどから身体に障害を持ってしまった人や、そのままにしておくと障害が発生してしまう恐れがある人などに回復作業や維持努力をすることになります。座る、立つ、歩くなどの人の基本動作がスムーズに出来るために行なう運動療法とか電気を当てるとか温熱をするなどの物理療法を用いることになります。目指す所は、日常において自立した生活が出来るための支援を行なう仕事になります。これら治療方法においては、理学療法士が、治療対象者に対し、医学的又は社会的視点から、適切なプログラムを作成、目標に向うことになります。この理学療法士になるためには、国家資格が必要なことから、大学とか専門学校に通うことになります。これら学校では、最低でも3年間、学ぶことが必要になります。

3年制か4年制か

理学療法士になる時、4年制の大学か専門学校を選ぶのか、3年制の短大か専門学校を選ぶことになります。3年制を選ぶ理由としては、一日も早く仕事に就きたいと考えている人や学費を節約したいと考える人が、多くなっています。これに対し、4年制の学校を選ぶ理由として、国家試験に受かるためのカリキュラム以外にも、多くの領域の勉強が出来ることになり、幅拾い知識を吸収出来る良さがあります。また、時間にゆとりがある分だけ、受験勉強もしっかりと行なうことが出来るメリットがあります。現在の日本は、超がつくほどの高齢化社会になっていることから、リハビリを必要とするお年寄りが増えています。そのことから、理学療法士への需要は、年々増えていると言って良いでしょう。