時代が求める治療|国家資格を取得しなくてもできる整体師|需要のある職業
ドクター

国家資格を取得しなくてもできる整体師|需要のある職業

時代が求める治療

鍼灸

東洋医学を知る資格

身体の不調を訴える時、一般の病院へ行かず針灸に通う人が多くみられます。この時、治療を行う人が鍼灸師と呼ばれることになるのですが、本来、鍼と灸の両方の資格を持っている人を言うことになります。針、灸については、違う国家資格のため、両方の受験が必要になります。ですが、同時に受験する時には、共通する科目においては、その科目の受験を免除されることになっています。この国家試験を受験するためには、国から指定された専門学校とか大学を卒業する必要があり、その修業期間は3年以上が必要とされています。この鍼灸師になり、活躍するためには、針灸の基本でもある東洋医学を知ることと、加えて現代医学、つまり西洋医学の知識も必要です。

高齢者増で需要も多く

鍼灸師の資格を取った後は、それだけでなく柔道整復とかあん摩マッサージ指圧師といった資格も持っていることが、働く場を広げることになっています。最近では、鍼灸治療院以外に就職先を見つけることが出来る時代になっています。また、一般病院や診療所などでも働く人が増えています。リハビリを要する人たちが入院や入所するリハビリテーションで、働く鍼灸師が求められるようになっています。更には、介護施設とか在宅医療といった高齢者への需要が、多くなって来ています。病院では治りにくい、頭痛、肩こり、腰痛などの治療で活躍出来るようになっています。また、最近はスポーツトレーナーとしての需要も増えてきており、鍼灸師のなかには美容目的でお店を開業している方もいます。このように多くの世界で仕事ができる点が魅力になっているのです。